防災グッズを取り入れるなどして、住まいの地震対策について、日頃から考え、備えることが大切です。

これで安心!住まいの地震対策について
これで安心!住まいの地震対策について

住まいの地震対策について考えよう。

日本は、地震大国なので、いつどこで大きな地震の被害に合うかわかりません。そのため、住まいの地震対策をしっかりと行い、地震に備えることが大切です。
私の住んでいる地域でも、大きな地震が起こったことがあります。
大きな地震が起こると、びっくりしてしまい、冷静な判断ができなくなるので、注意が必要です。
日頃から地震が起こった時の対策として、寝室やリビングなど、家で過ごすことが多い部屋には、背の高いタンスや食器棚などを置かないように注意をしたり、避難所の確認や家族との連絡が取れるように、万が一の待ち合わせ場所などの情報共有をしておくことも重要だと思います。


私は、住まいの地震対策として、自分でできることから取り組んでいます。

例えば、防災グッズを購入したり、長期保存できる水や食料など、防災用の飲み物や食べ物も自宅に置いて、備えています。
防災グッズの中には、手回し式のラジオや充電器など、役立つアイテムがたくさんありますし、耐震パッドや伸縮性のポール、L字型の固定金具など、テレビなどの大きな家電や家具が倒れてこないように、備えることができるアイテムもあるので、防災グッズに注目し、家庭に取り入れてみることも重要です。
私も防災グッズを購入したりして、地震対策を行うようになってから、日ごろから防災対策について意識するようになりました。
防災グッズを購入して備えると、万が一の災害の時のシュミレーションも取りやすくなります。
防災グッズを閉まっておく、バッグの場所の確認やベッドのそばに懐中電灯を置いておいたりと、日ごろから安全な暮らしについて考えることができるようになりました。